プロジェクトマネジメントおすすめ書籍

プロジェクトマネジメントおすすめ書籍

おすすめのプロジェクトマネジメント書籍を紹介します。

デッドライン (トム・デマルコ著)

わかりやすくプロジェクトマネジメントのエッセンスが解説されています。ソフトウェアやシステム開発に携わる方に特におすすめです。

トムキンスという主人公が、旧ソ連のモロビア共和国で数奇なプロジェクト運営を体験するストーリーを読み進めるうちにエッセンスを知ることができます。

PMBOK第6版

プロジェクトマネジメント知識体系ガイド PMBOKガイド 第6版(日本語版)です。

PMBOK(Project Management Body of Knowledge)は、米国PMI(Project Management Institute)によって監修されているプロジェクトマネジメントの専門用語とガイドラインを提供する書籍です。

分厚い書籍ですが、PMI資格取得をきっかけには購入し辞書的にでも参照しておくことをおすすめします。

私は第5版を持っていますが、6版の印刷は評判がよくないのでPMI会員になってPDFファイルを入手するほうがよさそうです。

図解入門よくわかる 最新PMBOK第6版の基本

PMBOKの内容をかみくだいて読みたい方におすすめです。

目次

第1章PMBOK ガイド総論
第2章プロジェクトとプロジェクトマネジメント
第3章プロジェクト・マネジャーの役割
第4章プロジェクトの運営環境
第5章10 の知識エリア
第6章5 つのプロセス群……立上げ
第7章5 つのプロセス群……計画(1)
第8章5 つのプロセス群……計画(2)
第9章5 つのプロセス群……実行
第10章5 つのプロセス群……監視・コントロール
第11章5 つのプロセス群……終結

クリティカルチェーン(エリヤフ・ゴールドラット著)

ベストセラー『ザ・ゴール』シリーズの4作目です。TOC(制約理論、Theory of Constraints)をプロジェクトマネジメントに適用されています。

プロジェクトマネジメント・ツールボックス

PMBOKガイドで不足しがちなツールを詳細に具体例も交えて解説されています。



このブログを書いている人

電子書籍「システム導入のためのデータ移行ガイドブック」著者。
新卒から外資系コンサルティングファームに所属。15年に渡り販売物流、特にCRM領域のコンサルティングに従事。
100名を超えるプロジェクトのPMOなど全体を推進していく役回りや、ユーザ企業への出向を通じた実務経験を持つ。

このブログでは、自身がかき集めた知識や経験を共有する。クライアントへの提案やソリューション開発に直結しないガラクタのようなもの。将来再利用する自分のために。同じような悩みを抱える誰かのためにブログ「外資系コンサルのガラクタ箱」を運営

スポンサーリンク