データ移行を乗り切るための服装

データ移行を乗り切るための服装

データ移行チームは深夜や休日を含めた不規則で長時間の作業を伴います。ミーティングで格好良くプレゼンを決めるのではなく、いかなる不測の事態にも動じずデータを移行することが求められます。

本記事では、データ移行に適した服装を紹介します。

ノーネクタイ

個人的な好みもあるかもしれませんが百害あって一利なしなのがネクタイです。一日中していると肩凝りの原因にもなります。仕事が終わってビールを飲む前にネクタイを外すのはなぜでしょうか。あの解放感が得られるということは、それだけ身体に負担をかけているということなのです。

ノー上着

夏場はノーネクタイだけでなく、上着も脱いでしまいましょう。極力楽な状態で臨むのがよいです。しかし、行き帰りだけは着用するか、職場に置いておくことは意味があります。エアコン温度や体調によっては必要になるからです。

チノパンポロシャツ

クールビズの導入によりチノパンやポロシャツを許可する職場が増えています。試す前は、本当に楽になるのか半信半疑でしたが、スーツより確実に風通しがよく、過ごしやすいです。

サンダル

職場にサンダルを置いておける場合は、出社してから履き替えるのも効果的です。一日中革靴を履いているのはネクタイ同様に負担になります。アシックスのような歩きやすいビジネスシューズも出てきていますが、サンダルに勝るものはないでしょう。

紹介できるものは男性のものばかりでしたが、職場にあわせて取り入れてみてはいかがでしょうか。

Posted from SLPRO X for iPhone.



このブログを書いている人

電子書籍「システム導入のためのデータ移行ガイドブック」著者。
新卒から外資系コンサルティングファームに所属。15年に渡り販売物流、特にCRM領域のコンサルティングに従事。
100名を超えるプロジェクトのPMOなど全体を推進していく役回りや、ユーザ企業への出向を通じた実務経験を持つ。

このブログでは、自身がかき集めた知識や経験を共有する。クライアントへの提案やソリューション開発に直結しないガラクタのようなもの。将来再利用する自分のために。同じような悩みを抱える誰かのためにブログ「外資系コンサルのガラクタ箱」を運営

スポンサーリンク







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)