美容師さんと上司に共通する上質な時間

美容師さんと上司に共通する上質な時間

「◯◯さんに切ってもらってる時のは全然違うよ」

と妻が言ったから、引っ越しを機に近所に変えていた美容院を、元のところに戻しました。

正直僕にはその違いはわかってません。でも自分がわかってなくても妻がそう感じるならそちらを選びます。自分より妻のほうが自分の髪を見るわけですから。

違いわかってないのは、切ってくれてる美容師さんに申し訳ないなと思ってます。伸ばし過ぎてから行くと軽くたしなめられるのも、癖毛で散らかっている姿が許せないのでしょう。

申し訳なく感じつつも通うのは、切ってもらう時の店に入ってから出るまでの時間がとても上質なのが大きいです。店を出たときにはこんな自分でも少しおしゃれになった気がしてます。

美容師さんは、そんなに次々と話しかけてくるタイプではありませんが、会話内容になんともいえない知性のようなものを感じてます。

今日は銭湯の話とプロテインの話をして、結果プロテインを購入することになりました(その上質さをうまく伝えられなくて残念)

美容師さんと話をしながら思い出すのは、新卒の時の会社の上司が同席したとある打合せの「上質な時間」です。

クライアントのキーパーソンの深い悩みに寄り添って一緒に解決策を考えるその上質なひととき。

外から見たらコンサルってこういう上質な時間を提供してるイメージ。でも自分はもっと泥臭くて現場でわいわいやることがほとんどでした。忘れかかっていた何かを思い出させてくれました。

2ヶ月に1回美容院に行きながらいつもこのことを思い出しています。



このブログを書いている人

電子書籍「システム導入のためのデータ移行ガイドブック」著者。
新卒から外資系コンサルティングファームに所属。15年に渡り販売物流、特にCRM領域のコンサルティングに従事。
100名を超えるプロジェクトのPMOなど全体を推進していく役回りや、ユーザ企業への出向を通じた実務経験を持つ。

このブログでは、自身がかき集めた知識や経験を共有する。クライアントへの提案やソリューション開発に直結しないガラクタのようなもの。将来再利用する自分のために。同じような悩みを抱える誰かのためにブログ「外資系コンサルのガラクタ箱」を運営

スポンサーリンク