【ドラゴンボール超11/12放送】第115話「悟空VSケフラ!超サイヤ人ブルー敗れる!?」

【ドラゴンボール超11/12放送】第115話「悟空VSケフラ!超サイヤ人ブルー敗れる!?」

http://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon_s/episode/summary/

ケフラの力は想像以上でした。ブルーだけでは倒しきれないと判断した悟空は、体力が回復し切っていない中で界王拳を使います。悟空の攻撃はある程度は効いたものの、ケフラの動きが上回ります。ブルーから黒髪に戻ってしまった悟空。しかし、ケフラの壮絶な攻撃を受け、ジレンとの戦いで魅せた”身勝手の極意”が再び見られました。次週は盛り返してケフラを倒すのでしょうか。

フュージョンとポタラの違い

前記事投稿時にあっさりフュージョンという言葉を使ってしまいましたが、誤りでした。再びアニメを見始めた時に見たのがゴテンクスだったので、同じしかけなのかと思いこんでしまいました。

フュージョンとは、メタモル星人に伝わる、2人の戦士が融合して、より強力な戦士となる融合技です。孫悟空がセルの自爆で死亡した後、あの世のメタモル星人から教わったものでした。

2人の人物が一定の距離を取って立ち、左右対称に同じタイミングでポーズをとり、最後に人差し指同士を合わせることにより達成される融合。

一方でポタラとは、界王神に伝わる神の道具で、融合を誘発する1対の耳飾りです。ゴクウブラックとザマス、それに対抗するベジットがそれぞれポタラによる融合です。

串田アキラの挿入歌を気に入っている息子

身勝手の極意が出たとき今日も流れましたが、小2の息子が挿入歌を気に入っています。大人にとっても聞き覚えのある熱い歌声は、キン肉マン世代にはたまらないですね。影山ヒロノブのほうがよかったという声もあるようですが、69歳現役アニソン歌手の迫力は凄いです。



このブログを書いている人

電子書籍「システム導入のためのデータ移行ガイドブック」著者。
新卒から外資系コンサルティングファームに所属。15年に渡り販売物流、特にCRM領域のコンサルティングに従事。
100名を超えるプロジェクトのPMOなど全体を推進していく役回りや、ユーザ企業への出向を通じた実務経験を持つ。

このブログでは、自身がかき集めた知識や経験を共有する。クライアントへの提案やソリューション開発に直結しないガラクタのようなもの。将来再利用する自分のために。同じような悩みを抱える誰かのためにブログ「外資系コンサルのガラクタ箱」を運営

スポンサーリンク