本番移行手順は再利用を意識して作成する

本番移行手順は再利用を意識して作成する

本番移行は事前に作成した手順書に基づいて行います。プログラムのみならず手順についてもテストやリハーサルを通じて検証しておきます。

よほどの小規模でもない限り移行には複数組織の担当者が関わります。担当者間で環境やデータの受け渡しを行うことも多いため、タイムチャートと呼ばれる管理表を作ります。

移行タイムチャート

タイムチャートには、いつ誰が何をするかを、作業間の連携も含めて記載します。タイムチャートの名の通り、時間単位で明確にします。これまでの移行計画が日単位だった場合、一段階落とし込む形です。

また、データの受け渡しや実行後の確認依頼なども明確にします。移行は24時間、祝祭日も含めて行うことが多く、出社体制にも関わるためです。作業が終わったのに次担当者が出社していないことで貴重な時間をロスすることは避けたいです。

移行手順書

移行手順書は一度使用したら二度と使うことがないと思われるかもしれません。しかし、本番は一回でもテストやリハーサルを通じて何度も更新をかけます。また、段階移行の場合や途中で移行方式が一括から段階に変わることもあります。

また、移行手順は対象データこそ変われど、チェックして、必要な更新をかけて、移行ジョブを実行して、結果を確認してと、汎用化しやすいのも特徴です。

うまくできたと思える手順書は再利用できるようにしておくことをお勧めします。

データ移行体制に関わる人たち

本を書きました!(2017/11/18発売)

本記事にあるようなデータ移行の現場に役立つノウハウを実体験に基づいてまとめました。



このブログを書いている人

電子書籍「システム導入のためのデータ移行ガイドブック」著者。
新卒から外資系コンサルティングファームに所属。15年に渡り販売物流、特にCRM領域のコンサルティングに従事。
100名を超えるプロジェクトのPMOなど全体を推進していく役回りや、ユーザ企業への出向を通じた実務経験を持つ。

このブログでは、自身がかき集めた知識や経験を共有する。クライアントへの提案やソリューション開発に直結しないガラクタのようなもの。将来再利用する自分のために。同じような悩みを抱える誰かのためにブログ「外資系コンサルのガラクタ箱」を運営

スポンサーリンク







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)