虫歯から考える予防の大切さと難しさ

虫歯から考える予防の大切さと難しさ

虫歯の治療をしてきました。

歯の治療

虫歯は風邪などと違って自然治癒に頼ることができません。

乳歯は生え変わりというチャンスがありますが、永久歯は削って詰め物をしたりかぶせたり、抜いて差し歯や入れ歯にする以外に手がありません。

なので虫歯をつくらないための予防が大事になるのですが、何をどこまで気をつければいいかは個人的には実感しづらく難しいです。

実は最初のチェックでわからなかったもう1本虫歯があると言われ、次は麻酔が必要そうです。

抜歯ほどではないにしても痛いのはいやですね。

次の虫歯治療の記事→銀歯をやめてセラミックにしてみた

肝機能

続いて肝機能の再検査の結果を聞いてきました。

それなりに悪玉コレステロールとか肝臓の他の数値が改善したのに、やっぱりγGTPは200越えていました。

中性脂肪の薬を処方してもらい1か月飲んでみることにしました。

健康でありたい、健康でいたいと思いつつもなかなか生活習慣にまで反映できてないので、結果の出そうな手を打って様子を見てみます。

あわせて食事や運動にも気を配りたいものです。

 



このブログを書いている人

電子書籍「システム導入のためのデータ移行ガイドブック」著者。
新卒から外資系コンサルティングファームに所属。15年に渡り販売物流、特にCRM領域のコンサルティングに従事。
100名を超えるプロジェクトのPMOなど全体を推進していく役回りや、ユーザ企業への出向を通じた実務経験を持つ。

このブログでは、自身がかき集めた知識や経験を共有する。クライアントへの提案やソリューション開発に直結しないガラクタのようなもの。将来再利用する自分のために。同じような悩みを抱える誰かのためにブログ「外資系コンサルのガラクタ箱」を運営

スポンサーリンク







 2020年1月6日