ドラゴンボールを見れる動画配信としてTsutaya tv申し込んで即解約した理由

ドラゴンボールを見れる動画配信としてTsutaya tv申し込んで即解約した理由

子供がドラゴンボールGTのシリーズを観たがっています(マンガは全巻読み、改や超もアニメで見ているので残された未開拓領域です)

いつもは近所のゲオでレンタルしていますが、Amazon Primeでドラえもん映画38作をコンプリートした息子の勢いに応えるには何度も足を運ぶのが大変です。

そこで、以下の記事を参考にして、 Tsutaya tvに申し込んでみることにしました。

アニメ「ドラゴンボール」も観れる動画配信サービスの比較まとめ

無料期間も30日間と長いので、その間に一通り見てしまって解約すればいいと思っていました。しかし。

ドラゴンボールは見放題対象外だった

1作あたりにすると100円とはいえ、GTシリーズ64話を見ようとすると6400円かかることになります。

ゲオだと4作1000円(店舗によって異なります)。

DVDは5-6話ずつ入って11巻なので、3000円あれば一通り見ることができます。

子供に見せたくない動画が検索リストに出てきた

主な理由はコストではありませんでした。

Tsutaya TVアプリでドラゴンボールで出てこないので「ドラゴン」で検索するの急に裸体女性のパッケージが散見されました。

非表示設定はしてみたものの、他カテゴリーを触っていると成人指定じゃなければ当然出てきます。

子どもにはiPadアプリで自由に作品を見させてあげたいだけに、この状態は嬉しくありません。

数年経てば話は別ですが、今は健やかにドラゴンボールを楽しんでほしいところです。

終わりに

Tsutaya tv(動画配信)とTsutaya discas(宅配レンタル)はバンドルされています。なので、わたしは解約しましたが、両方を試してみたい方には無料30日間はおすすめです。

また、解約手続きは 公式サイトを参照下さい。サービス停止とサービス解約、2段階になっていますのでご注意ください。



このブログを書いている人

電子書籍「システム導入のためのデータ移行ガイドブック」著者。
新卒から外資系コンサルティングファームに所属。15年に渡り販売物流、特にCRM領域のコンサルティングに従事。
100名を超えるプロジェクトのPMOなど全体を推進していく役回りや、ユーザ企業への出向を通じた実務経験を持つ。

このブログでは、自身がかき集めた知識や経験を共有する。クライアントへの提案やソリューション開発に直結しないガラクタのようなもの。将来再利用する自分のために。同じような悩みを抱える誰かのためにブログ「外資系コンサルのガラクタ箱」を運営

スポンサーリンク