アルテリックス使いこなし

https://mhisaeda.com/archives/3141

な記事を書きまして。

月に2回手づくりしているスプレッドシートを自動化したいなと思ったのですが、難航しています。

前回分の手順をワークフロー登録していたものの、今回それを使おうとするといろいろうまくいきませんでした。

レイアウトの月ずれ

まず、インプットする元データが当月から12ヶ月分になってるんですよね。

なので月が変わるとずれてしまう。

手補正データとの突き合わせ

打合せなどを通じて手補正した場合は、インプットデータよりもそちらを優先します。

なので手補正対象のキー項目を持っておいて、そのデータは手補正側の値を使う。

ほかにやってること

あとはこまごまとした作業が多くて、値がなかったら隣の項目から引っ張って値を埋めたりとか、列順を並び替えたりとか、合計列つけたり、単純な割り算項目追加したり。

ワークフローを直すか、ワークフローの手作成に慣れるか

なるべく手作業なくしてファイル指定して実行ボタン押すだけくらいにしたいのですがまだ先は長そうです。

終わりに

中途半端にスプレッドシート側で関数集計や前回比較もやっているので、全体感をもって設計しなおすともう少しシンプルにできそうな気もします。



このブログを書いている人

電子書籍「システム導入のためのデータ移行ガイドブック」著者。
新卒から外資系コンサルティングファームに所属。15年に渡り販売物流、特にCRM領域のコンサルティングに従事。
100名を超えるプロジェクトのPMOなど全体を推進していく役回りや、ユーザ企業への出向を通じた実務経験を持つ。

このブログでは、自身がかき集めた知識や経験を共有する。クライアントへの提案やソリューション開発に直結しないガラクタのようなもの。将来再利用する自分のために。同じような悩みを抱える誰かのためにブログ「外資系コンサルのガラクタ箱」を運営

スポンサーリンク